ストレス社会と癒しとアロマ

ストレス社会と癒しとアロマ

最近、「癒し」ってよく耳にしませんか?

現代のストレス社会の背景からでしょうか?「癒し」を求める人が、男女問わず、非常に多くなっているように思えます。

「癒し」と言う言葉を自分でもよく使っていますが、実際に意味を調べてみると、「悲しいこと・苦しいことがあった時、その事に伴う疲れを和らげるもの、

さらに感情を穏やかにし、リラックス状態にする事」と言う事らしく、私が、漠然と考えていた意味と、大枠あっていました。

仕事をしてても、私生活を送っていても、ストレスと言うものは溜まりますし、生きている以上は「苦しいこと・悲しいこと」は起こるものです。

悔しいという感情もあると私は思います。そのストレスや、苦しい・悲しい感情を和らげる事、心身共にリラックス状態にする事は、健康のためにも、

非常に大切な事だと思いませんか?私は、そう思います。

皆さんは「癒し」を得る方法と言うと、どのような方法を思い出すでしょうか。

私は、アロマやマッサージなどが真っ先に浮かんできました。他にもたくさんあると思います。最近は、ヨガとかも流行ってますよね。

ペットを飼うというのも、一つの方法だと思います。よくテレビなどでも、癒し効果があると言っているのを視た事があります。

色々試したいと思うのですが、なにが一番いいのでしょうか?

人によって、合う方法は様々だと思いますが、私も自分にあった方法で、癒しの空間を得て、小さなストレスからでもを緩和していきたいです。

友人に話を聞いたところ、自宅に居るときに「アロマ・お香」でリラックスの時間を作っていると言っていました。

また、彼女の場合、仕事中でも、好きな香りのオイルを時々マッサージする様に腕などに塗って、香りでリラックスする事もあるようです。

手軽に始められそうだと思い、色々効能を調べてみました。実際に、アロマと言うのは、さすがに薬ほどの即効性を求める事は出来ませんが、

ストレス脳には、効果があるようです。

ストレスが溜まってしまうと、病気になってしまうこともあります。彼女の場合、軽度ではありますがストレス性の疾患もある為、

このアロマによって、リラックスをする事は、有効的でお医者さんにも以前に勧められた事があるらしいです。実際に、アロマテラピーと言うのは、

精神安定剤を処方されている状態(気分障害やうつ病)などの、精神的な疾患を持たれている方に対しての治療法にもなっているようですね。

アロマを始めると言うっても、アイテムはどうしたらいいのだろう?と私は思いました。今は空気清浄機にアロマオイルを入れて使えるタイプがあったりで、

色々と方法がありますが、ちょっとお金がかかってしまうのかな?って思ってしました。

ですが、今は100円均一という、便利なお店があります!100均一にもアロマグッズって売られているんですね。

アロマポットやキャンドル、アロマオイルも売られてました。通常の雑貨店などで、購入するよりはクウォリティーが落ちてしまうかな?と思ったのですが、

購入して始めてみる事にしました。オイルもたくさん種類がありました。なので、初心者の方は、ここから始めてみるのも良いかもしれません。

始めてみての感想ですが、オイルはもしかしたら、きちんとしたところで購入した方がよいかもしれないです。なんとなくですが、香りが薄いように感じました。

私の使用量の問題なのかもしれないので、一概には言えないのですが、やはり金額の相場は700円~1,000円くらいのものが多いようですね。

あと、簡単な方法として、マグカップにお湯を入れて、その中にオイルを数滴たらし香りを楽しむという方法や、ハンカチにやティッシュにオイルを付けて香りを楽しむ。

これなら、オイルさえあれば簡単に始めることが可能です。

香りも様々で、それぞれ色んな効果がるようですね。

たとえば、ストレスに対しては「ラベンダーやカモミール」などといったものが適していたり、気分が落ち込んでいる時は「イランイランやラベンダー」あとは「マンダリン」など、

前向きな気分になりたい時は「レモンやベルガモット、ペパーミント」など、どちらかと言うと、爽やかな香りが適しているそうです。

一つ紹介したいのが、「グレープフルーツ」の香りですが、アロマオイルはショップで目にしたりしますが、最近は美容室などでアロマを取り入れたヘッドスパを行っている所もあり、

その中で「グレープフルーツ」の香りは、非常に人気があり、リラックス効果も高いようです。

一番ポピュラーな香りと聞くと、私は「ラベンダー」と思い浮かべますが、皆さんも、自分が好きな香りを見つけて、楽しみながら癒しを得てみるのは、いかがでしょうか?

一種類の香りだけではなく、ブレンドをして楽しむと効果的な香りもあるそうです。

私も、色んな香りを試しながら、癒しを得て、このストレス社会と戦います。

お肌の曲がり角って何歳?

女性の間では「25歳はお肌の曲がり角」なんて話を良く耳にしますよね。

でも、実際のところ25歳よりももっと早い気がするのは私だけでしょうか?

そもそも曲がり角の定義ってなんだろう?って思ったりもします。

よく、25歳・30歳ごろなんていわれがちですが、実際のところは、新陳代謝の一番良いとされている20歳をピークに細胞の働きが低下を始めるそうです。

と言うことは、20歳が曲がり角になってしまうと言うことなんです。

鏡をみて、「アタシまだぜんぜん大丈夫!」なんて思っていても、実際には肌の衰えは始まってしまっているのです。

衰えが始まるのって、こんなにも早いんですね。特に紫外線の強い地域に住む私にとっては、この20歳が肌の曲がり角という事実は、驚きと衝撃が走りました。

私自身、20代の頃は、よくメイクも落とさずによるそのまま眠ってしまうなんていう、今となっては恐ろしい事をしていたものです。

さすがに30代になってからは、最低限メイクは落として、保湿をしてから休む様になりました。

これから、40代・50代と年齢を重ねていく上で、いつまでも若々しくキレイな肌を保っていくためには、正しいスキンケアが必要なんだと改めて感じます。

手軽に簡単なスキンケアって何があるのでしょうか?

ふと思い出す事と言ったら、洗顔・保湿・マッサージなどと言ったことかと思います。

他にも、簡単に出来る方法があればと思い、リサーチしてみたところ…色々方法はあるようです。

ニキビのケアから、30代になると特に気になるのが、「シミ・くすみ・たるみ」など、それぞれにあった方法がたくさんあるんですね。

小さい頃から、紫外線をたくさん浴びてきてしまった私にとっても、「シミ」のケアは気になります。

エステに行ってケアが出来るのであれば簡単なことかもしれませんが、エステとなると、少々お値段がかかってしまいます。

肌を清潔に保つには、きちんと洗顔をする。これにつきますよね。

ただ、ゴシゴシ顔を洗ってしまうのでは、逆に肌が荒れてしまう事もあります。

洗顔は、洗顔フォームや石鹸をよく泡立てて、いわゆる「泡洗顔」を行うのがいいみたいです。

泡は顔ゴシゴシと擦るように洗うのではなく、転がす様に優しく洗う方がお肌のためには一番らしいです。

今は、泡の洗顔フォームも市販でありますし、泡洗顔はすぐに始められますね。さらに洗顔は冷たいお水で行うよりぬるま湯の方が良いみたいです。

若い頃には洗顔をしたら、それでよし!乳液なんて使ってない!なんて事が、よくありますが、乳液やクリーム・美容液で肌を整えることは、とても大切なことなんですね。

高い乳液を使う必要はないと私は思います。ドラッグストアやディスカウントショップでよく売っている大容量の乳液でも十分だと思います。

最後に「身体の血行を良くする」です。これは、20歳をピークに身体の新陳代謝の機能が低下を始めると、先にお伝えしていましたが、

それを少しでも防止すると言う事です。基礎代謝があがることによって、肌の調子も良くなっていくらしいのです。

方法としては、よく動くこと!こまめに動くことです。普段の生活だと、座りっぱなしなんて事も多いかもしれませんが、

それでは代謝は落ちてしまうようです。デスクワークの方でも、こまめに立ったり・座ったりの繰り返しでも、積み重ねたらきっと変わるはずです!

散歩やジョギングといった、日ごろから動く事を心がけるのもありかもしれませんね。これは普段の運動不足の解消にも繋がるし、一石二鳥だと思いませんか?

食べ物でも、対策が出来るらしいのですが、ビタミンC(ブロッコリーや芋類・オレンジやイチゴ)やビタミンE(豆腐・納豆などの大豆類)も効果的だそうです。

食事に取り入れるのが厳しいという場合は、少しお値段がかかってしまいますが、サプリメントを上手く使ってみるのもありかもしれません。

お肌の曲がり角をすでに過ぎてしまった私も、今のままでは到底無理なので、後悔する前に日ごろから心がけて、

40代・50代になった時に「肌美人」って言われるようにしたいものです。

ただ、この「お肌の曲がり角」は男性にもあるらしいです。ちなみに、40歳前後らしいですよ。

男性の皆さんも、気になる方はお試しください。